バルセロナのバーで生ハムを食べてきた

サグラダ・ファミリアの近くには、バーやタパスのお店が多い。夕食にはショーウインドウに生ハムが置いてあった店に入ってみた。

お店のお姉さんに生ハム食べてみたいんだけどと言ったら、盛り合わせをお勧めしてくれた。盛り合わせは標準の生ハム、24か月熟成させた生ハム、イベリコ豚の生ハムだ。(というようなことを言ったと思う)

この24か月熟成のやつがうまいな。あとサラダも頼んだ。山羊のチーズが乗ってるのかな?

おっともちろんセルベッサ(ビール)も。

となりで、酔っ払いの外人が盛り上がっていて、勢い余って椅子から転げ落ちていた。ボクもいつもはあんな風なのだろう。

スペイン風オムレツ生ハム入り。

うん、全体にうまかった。店員さんも生ハムについて丁寧に教えてくれたり親切でよかった。

以下、夕食前後のサグラダファミリアの写真。

つづく・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アントニオ・ゴメス より:

    >勢い余って椅子から転げ落ちていた。ボクもいつもはあんな風なのだろう。
    だいたいいつも、そんな風だね。
    ところで、ビール越しに見える強靭な腕の人が奥さん?姪っ子?

  2. jaguar より:

    ボクの妻はかなりの筋肉質なのだ。しかしこの写真見直すと本当にすごいな・・

  3. アントニオ・ゴメス より:

    「んなわけないでしょ、相席した現地の男性です」という返事を予想してのコメントだったので困惑しております。よく見たら北川景子の腕に見えたと言ってるとesposaにお伝えください。

file Y