アンコール・トムとタ・プロームに行ってきた

カンボジア旅行2日目中編。
雨が降り続く中、何とかアンコール・ワットから車に戻って来た。この後、予定していてたアンコール・トムと、タ・プロームに行くかどうかしばらく迷ったが予定決行。トムの周辺まで移動したら雨も上がった。というか道路が濡れていない。降ったのはアンコール・ワットだけだったのか?

トム周辺で昼食。

アンコール・ビール。

チャーハン。アントニオくんはサンドイッチを注文。どちらも量が多い。

ところで、ドル札を落としたかと勘違いしてドライバーから金を借りる寸前だったこともあった。結局は違うポケットに入ってたんだけど・・・

昼食の後はトムの寺院の一つ、バイヨンを観光。

基本は仏教様式だがヒンドゥー様式も感じられる。

塔の4面に彫られている人面像が特徴。

回廊の向こうに見える景色が絵画のよう。

上り下りが結構辛い。

1時間ちょっと見回ったかな。

入口に戻ってきたら向こうに犬の大群がいる。流れ星 銀の集団か。



次に向かったのは、タ・プローム。映画トゥーム・レーダーに出てくるところだ。遺跡と植物が絡み合う景色がすごい。

回廊は迷路のようになっている。

ところどころ修復中だ。日本の建設会社の名前が入ってたような。

回廊の中は混んでたけど、外側は空いてる。

出口付近では、鶏が我が道を譲らずこちらに来たので思わず横にステップしてしまった。

後編につづく・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アンコール・ワット見学後、ニセ長友らガイド代60ドルだったか6千円だったか請求されたが、俺はTシャツ買ってすっからかん、ジャガーは金が無くなったって騒いでるし、プチパニックだった。
    さて、写真のANGKOR BEER、街中の売店で1ドル未満で買えるが、味は結構、俺好み。アジアで俺が飲んだ台湾、韓国、中国、どこのビールより、はっきり言ってかなりイケるし、日頃飲んでる第三のビールよりも美味い。今回の旅行の外せない夜の友だ。

  2. アントニオ・ゴメス より:

    何をおいても史跡に関するコメントを書くべきなんだろうが、はっきり言ってこのスペースでは書ききれない。月並みだが、そのスケールに圧倒されたと言うのが正直なところ。
    ジャガーさんにそそのかされなければ、この光景を目の当たりにすることは、120パーセントなかったと考えると感謝です。
    一言添えるならば、アンコールワットとバイヨンは、スーファミの「ガイア幻想紀」でかなり熟知してたけどね。

  3. jaguar より:

    ガイア幻想紀はボクがあげたゲームじゃないか。アントニオくんはあんまりゲーマーじゃないのにあれだけはハマったっぽい。
    wikipedia ガイア幻想紀

    wikiを見ると、アンコールワット以外に、マチュピチュ、ナスカ、万里の長城、ピラミッドに行ってるぞ。そっちも行ってみるか。