金沢放浪記2017秋 その3 酒場を求めて彷徨う

猩猩でひとしきり呑んだ後も、また別の酒場を求めて彷徨う。

串揚げやを見かけて飛び込んだ。(「串揚げいやさか」・・やったっけ?)

庶民的なものが並ぶかと思えば、え?左側に・・。

ドンペリ!50,000円。

お店のお姉さんに訊いたら、売れたことはない。1本だけ置いてあるとか。

ちょっとだけ揚げ物をつまんだ後、また放浪。

次に向かったのは「味処一合半 ぶん家」というところらしい。記憶から抜け落ちてるけど。

写真とレシートが残ってた。

さらにこの後、バーに行ってるんだよね。こっちのバーの方が記憶がある。

でも、もうピントがボケボケだ。

どう考えても、健康に悪いぞ。

つづく・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アントニオ・ゴメス より:

    和食系の後はガッツリ系を食べたいという事で、「串揚げ いやさか 金沢せせらぎ通り店」に行ったんだな。脂っこいかと思ったが、割とあっさり食べられて旨かった。程なく次のお店「ぶん家」さんへ。こちらのお店も、(金沢バブルの)夕飯時間帯だと予約不可能なんだが、遅くに行ったからすーっと入れた。ちょっとだけ料理とお酒をいただき、最後のお店、バー「グリフィス」さんへ。「スレッジハンマー」と「ドライマティニ」をいただいた後、意識朦朧とホテルに帰ったんだよね。確かに、身体に悪そう。いつまで続けられるかな・・・。

  2. アントニオ・ゴメス より:

    そう言えば、ジャガーさんは真っ直ぐホテルに入ったが、俺は近くのコンビニでビールを買ってしまい(無意識)、当然飲めるわけないんで、翌日持って歩く羽目になった。何やってるんだ、俺。

  3. jaguar より:

    ボクらの酒呑み旅行に、部屋呑みのビールは要りません。それまでに十二分に呑んでる。水は要るかもしれんが・・。

  4. jaguar より:

    串揚げ いやさか、思い返してみると意外と良かったかもしれん。今度機会があれば、他の揚げ物も食べてみたいところだ。ドンペリは要らんが・・。あれは酔っぱらって値段がダブって見えたやつが頼むワナじゃ?