金沢放浪記2017秋 その4 金沢散歩

金沢旅行二日目。朝8時過ぎに起床。さすがに腹がもたれる。朝10時に外に出たが、アントニオくんはすごい眠そうだ。とにかく食欲は全くないので、カロリーを減らす意味も込めて、3-4キロ離れた兼六園近くの県立歴史博物館まで歩いてみることにした。

普通に風情ある木造の家屋が並んでたりする通りを過ぎた後、犀川沿いを歩く。景色がいろいろと変わるので面白い。

この後アントニオくんのスマホを頼りに歩いたら何だか違う方向に向かっていた。アントニオくんのグーグルマップはウソを教えるような気がする。頼りないのでボクのグーグルマップを起動だ。

ということで、ようやく県立美術館前までやってきた。のどが渇いたので、ここの喫茶店で休憩だ。

店に入ると、まずケーキを選んで下さいみたいに案内されたが、ボクはまだ食べ物は受け付けない。大体朝はいつも食べないしな~。ということで写真に写っている向こうのケーキはアントニオくん注文の品。手前のはコーヒーについてくるやつ。(要らないけど・・)

つづく・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アントニオ・ゴメス より:

    朝起きても、泥のように眠かった。典型的な飲み過ぎの朝の状態だった。飲酒検知したら多分引っ掛かるレベルだったろう。そんな状態で歩き回ったから体が糖分を欲したのか、辻口シェフの喫茶で最近滅多に食べないケーキまでいただいてしまった。
    その後の石川県立歴史博物館、個人的には、昭和30年代の農家の(ハレの)儀式映像が印象的だった。今は無くなってしまった古き日本の田舎の行事。貴重な記録でした。