武生の蕎麦屋「うるしや」に行ってきた

武生の蕎麦屋「うるしや」。しばらく閉店中だったがリニューアルして復活した模様。タイガーさん、ラビットさんと行ってきた。ちょっと早めについたので近くを散策。

近くは結構食べものやさんが多い。

総社大神宮。

一回りしたら、ちょっとだけ開店時間には早かったけどもう中に入れてもらえるようだ。

とりあえずビール。

料理は予約時に3,000円でコース料理を頼んであった。

前菜。左からマグロのやまかけ、里芋、海老と卵焼き。

押し寿司。焼き鯖と小鯛。

てんぷら盛り合わせ。海老、蓮根、マイタケとかだったかな。

座敷から小さな庭が見える。

そして名代そば。「なだいそば」と読むのかと思ったら、お店の人は「みょうだいそば」と発音していた。色が緑色なので理由を聞いたら彩のためにお茶を混ぜ込んである茶蕎麦とのこと。

箸休めに蕎麦みそ。

腹いっぱいだけれど恒例の2軒目につづく・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アントニオ・ゴメス より:

    「うるしや」さん、えらい変わっちゃったなー。その昔は、福井では珍しい蕎麦だけで勝負する店だった記憶があるが・・・。味は変わってないのか?

  2. jaguar より:

    昔の味は知らんが、そばつゆはうまかった。麺は普通かな。緑色にすることで特徴を出しているのかもしれないけど、味、香りとしての変化はないような気がする。
    あ、そういえば思い出したけど、入り口の部屋が茶室っぽく作ってあるので部屋に入る時に「頭に注意して入ってください」と言われたが、ボクもタイガーさんも吊り下げてあった照明に頭ぶつけたわ。茶室の部屋は中に入る時だけでなく、中の照明に注意だ!

file Y