赤坂の砂場に行ってきた

赤坂の蕎麦屋「砂場」に行ってきた。

赤坂と言っても、Iまだて町の赤坂ではない。東京の赤坂だ。三大江戸蕎麦の一つ。

最初は突き出しが出てくるっぽい。まあ、最初から酒を呑むつもりなので問題なしだが、蕎麦だけ食べに来た人にはどうなんやろ。

かまぼこ。まあ、要はボクらはあこがれの蕎麦屋呑みがやりたかったんだわ。

でも、実はすでに新幹線内で出来上がってるんだよなぁ。

玉子焼き。

平日昼過ぎなので席は結構空いている。

焼き鳥(塩)

焼き鳥(タレ)

焼き鳥、どっちもおいしかった。

天ぷら。海老二本とシイタケとなんやったかな。

そして真打。蕎麦だぜ。更科。

盛り。

いやあ。さすがだわ。参りました。美味い!

蕎麦湯も、インチキ蕎麦湯じゃなくて、ちゃんと茹でた湯を使ってた。

蕎麦は福井でも似たレベルというかそれ以上のレベルもあるけど、つゆがない。これは完璧やったわ。

セリーヌ・ディオンにつづく・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 伊達邦彦 より:

    江戸前のそばつゆは福井県ではほぼ皆無だけど
    唯一、おおくぼだけか
    ここはそれを超えてる?
    つうか現在東京にいるの?

  2. jaguar より:

    おおくぼにはあのとき一回行っただけで、店の強烈な印象が強すぎて味が思い出せないんだよな。でも、近かった気がする。
    昨日東京行って、もう今日の午後には帰ってきた。さあ仕事仕事・・。