AVEに乗ってマドリードまで行ってきた

スペイン旅行4日目。本日の予定はバルセロナ・サンツ駅からマドリード・アトーチャ駅までAVEで移動して、プラド美術館とソフィア王妃芸術センター鑑賞だ。

AVEは日本で言うと新幹線みたいなもの。乗り方がわかるか不安だったが、単に電光掲示板を見てホームを確認して、時間前になったらQRの入った予約の表を持って改札を通ればいい。空港のような手荷物検査がある点が日本の新幹線と違う点かな。それ以外はシンプルでわかりやすかった。

マドリードまでは約3時間。事前にネットで一番高い席を予約していた。この一番高い席だと食事と飲み物が振舞われるのだ。ただ、朝早い時間からさすがにアルコールは飲めないので炭酸水を頼んでみた。これがちょっと変わった味でしょっぱい。食べ物はスペイン風オムレツがメインの朝食。

アトーチャ駅は寒かった。

駅から出るときって改札みたいなものはない。何だか不安になる。

出たところにある顔のオブジェ。

プラド美術館まではここから歩いて10分程度。駅から美術館の周りの雰囲気は観光地というよりもビジネス街の印象かなあ。

長蛇の列に加わって10時の開場を待つ。ウクライナから来ていた兄ちゃんとちょっと話をした。入場のときはリュックをクロークに預けないといけないようだ。

プラド美術館は全体に宗教的な感じの作品が多いのでだんだん気が滅入ってきた。疲れたので、2階(スペインで言う1F)にあるミュージアムショップでコーヒーとスイーツを頼んだ。スイーツはチーズケーキ?上にカニカマみたいなのが乗ってる。これ、ホワイトチョコレート。

スマホでしばらくネットサーフィンでもしようかと思ったらインターネットにつながらない。しまったWIFIはリュックの中だった。

鑑賞後に館内のレストランで昼食を食べようかと思ったら、すごい行列でとても食べれたものではない。しょうがないので外に出たら近くに食事の出来そうな喫茶店があった。店名は Murillo Café。desde 1927なんでかなり歴史ある店だな。

表にブランチのメニューが書いてあったので、お店の人にまだブランチ食べられるか確認。外からは見えなかった奥の席に案内された。なんだ結構混んでるんじゃないか!

妻とボクはクラブサンドイッチを、姪はエッグベネディクトを注文。ボクがサンドイッチをオーダーしたときにウェイターの人がちょっと怪訝な顔をした。

その後出てきたのがバゲット。えっ?これだとパンにパンの組み合わせになっちゃうじゃないか。ご飯のおかずに炊き込みご飯みたいな・・。

サンドイッチはこんな感じだった。フォークとナイフで食べる。

姪の頼んだエッグベネディクト。

よく見たら周りの人もハンバーガーがメインなのに、バゲットが置いてあるグループもあった。怪訝な顔に見えたのは気のせいかな・・?

この後はソフィア王妃芸術センターへ歩いて移動した。雨が降っていた。館内にはピカソのゲルニカがあった。

帰りのAVEでは赤ワインを飲んだ。昼食のサンドイッチが腹にもたれて夕食は断った・・。

つづく・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

file Y