三国の料理茶屋「魚志楼」に行ってきた

三国の料理茶屋「魚志楼」に行ってきた。あの有名な居酒屋探訪家の太田和彦氏も訪れている。

行ったのは昼間。セイコ蟹の身を出したものだけを予約時に注文しておいて、あとは行ったその場で注文した。

まずは生ビール。キリン一番搾りなのか?なぜかいつも呑んでるのより味がくっきりしていてうまい。

予約時に注文しておいたセイコ蟹。カニみそや身は当然美味しいが、驚いたのは卵。筋が全部取り除かれていて食べやすい。

刺身盛り合わせ。甘海老、ガザ海老、スズキ、マグロ、ハマチ、バイ貝、イカ。

日本酒も追加だ。(黒龍)

甘海老天ぷら。頭のミソも身に付いた状態で揚げている。

この店はエビが美味いとのことなので、甘海老の刺身も追加。

そしてご飯と赤出汁。

この店の建物は、国の貴重な財産として有形文化財に登録されている。

庭もきれいだし、建物内に資料館みたいなギャラリーもある。食事後に一通り見せていただいた。

ところで、同行者であるボクの家族たち!店に着くなり全員トイレ行くってどうなのよ。お店の人待ってるのに、注文を決めてから行ってくれ!

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. タイガー より:

    今日俺もせいこ蟹の身を出したのをスーパーで買った、鳥取産2匹で1100円(笑)
    黄色いタグ付きってタグだけで500円くらいするな
    三国はボッタくる高級料亭もあるから要注意だ!名前は伏せておくけど(笑)

  2. jaguar より:

    タグを集めてヤフオクで売るっていうのはどうや。