シェムリアップ・ブリューパブに行ってカンボジアの地ビールを楽しんできた

カンボジア旅行記1日目後半。ホテルにチェックインした。スタッフの女性が日本語を話すことができるので助かる。ホテルの名前はリシーラインアンコールレジデンス。

部屋は広くてゆったりとした造りなのでなかなかいい。入ったときにすごく暑かったのでクーラーがないのかと思ったがスイッチが入ってなかっただけみたいだ。浴槽はなくシャワーだけだが十分満足。水の出も問題なし。液体金属のターミネーターが出てこないかだけが心配だ。

部屋を一通りチェックした後、シェムリアップにある地ビールを飲めるパブがあるというので行ってみた。

道路には多くのバイクが行きかっている。渡るのが結構難しい。信号はない。

地ビールが飲めるパブは、繁華街のはずれのちょっとさみしいところにあった。

お店の中はテラス風。西洋人が多い。

これはメニュー。

ボクらはメニューから4種類の地ビールのセットを選んだ。ただ、どのビールも味がぼやけた感じかなあ。

見た目はちょっとアレだが結構おいしい、ビーフジャーキー。

生春巻き。前菜のコーナーに書いてあったのに、デカい春巻きが4本も入ってる。食べきれん・・。

海老の料理。これもおいしかったけど、お昼に食べ過ぎてるのがきついな。

ごはんもついてた。チャーハンになりかけっぽい味付け?

店内では生バンドの演奏が流れていた。みんな座ってるし、女性のボーカリストの声量が小さいので自信がないっぽく聞こえる。アントニオくんは中学生の学園祭レベルと言ってた。

ボクらは、ドリンクをあと一つずつ頼んだ後会計した。二人で約36ドルなので結構安い。

帰り道の写真をいろいろ。

パブストリート

アンジェリーナ・ジョリーが通ったというレッド・ピアノ

ナイトマーケット

写真では電飾が明るいが、ちょっと路地をはずれると真っ暗な通りがあったりする。でも、真っ暗な中お店は営業してたりするんだよね。

2日目につづく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アントニオ・ゴメス より:

    最近は東南アジアでもクラフトビール人気が高まってきたらしいが、総じて苦味が足りない。ここのビールも例に漏れず、パンチに欠けた。これなら、庶民派ビールANGKOR BEERの方が美味かった。
    あと、その後どのや店に行っても、量がハンパない。ここでは一人一品で十分ということを学びました。

  2. アントニオ・ゴメス より:

    写真ではきらびやかな街に見えるが、初日歩くと店内まで暗いので驚いた(ロウソクで食べてる)。 後で知ったが、頻繁に停電するんだな。食事を終えてホテルでシャワー浴びてたら停電食らって、漆黒のシャワールームから一生出られないかと思った。

  3. アントニオ・ゴメス より:

    宿泊したホテル”リシーラインアンコールレジデンス”に対する俺の印象は、ジャガーさんとはちょっと違ってイマイチかな。旅行会社等のHPホテルの写真は嘘ではないが、あの印象で行くと、結構裏切られるかも(写真で紹介されて逢ったらショックを受けるあの感じ)。特にシャワールームが暗くコンクリート肌のため、刑務所の独房を想起させた(俺の部屋では子供ゴキブリが1匹走り回っていた)。
    ちなみに、ジャガーさんがホテルのエントラント写真をかっこよく撮影しているが、映っていない手前の道路は、赤土の未舗装凸凹道路です。

  4. アントニオ・ゴメス より:

    ホテルの良かった点も挙げなきゃ公平じゃないな。
    良かった点は、
    ①とにかく繁華街まで近くて便利。
    ②掃除の方含めスタッフが皆親切で感じが良い。
    ③部屋のエアコンが”パナソニック”だったんで性能も使い勝手も良かった。
    かな。

  5. アントニオ・ゴメス より:

    ところで、”シェムリアップ・ブリューパブ”で唄っていた女の子。小声で何を歌っているのか全く分からなかった。「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の吉岡里穂にインスパイアされたか(笑)。中学時代の文化祭でのジャガーさん達のライブ演奏も思い出しました。

  6. jaguar より:

    あれは声量が追い付いていないのは確かなんだが、ある程度PAでカバーできるとボクは思った次第です。ただ、みんな隅っこで座って歌ってるので、どっちにしてもシロートっぽいかな。