「羽黒の蕎麦蔵 金沢屋」日本海北上ツアーその3

山形県酒田市・鶴岡市でも北前船関係の施設に向かった。「旧鐙屋」「本間家旧本邸」「旧風間家住宅」「致道博物館」など。風間家住宅は映画「蝉しぐれ」「必死剣鳥刺し」のロケ地にもなったとの説明を受けた。

日和山公園の前には、映画「おくりびと」のロケで使われた建物があった。なにやら不気味。

といろいろ見た後に、出羽三山の羽黒山に向かった途中であったお蕎麦屋さん「金沢屋」。今回のツアーで山形の蕎麦も是非食べてみたかったのだ。妻に入るか?と言ったらOKだったので、即決定。

1時ごろだったが、店内は結構混んでいた。幸いテーブル席がひとつ空いていたのでよかった。

ボクはメニューをちらりと見たが迷いなしだね。板そばオンリー。一方妻は、すだちそばと天ぷら。(妻はなぜか蕎麦屋に来ると天ぷらを注文する。)

板そばはかなりうまかった。新そば。十割蕎麦ながらのどごしがよい。またそばつゆも濃いめの辛口で、福井で比較するなら好太郎の味に近い。

天ぷらは、海老をひとつだけもらったけれど美味しかった。

なぜかボクのほうに天ぷらを置くんだよね・・

こちらはすだちそば。冷たいタイプ。一口もらったけれど、鯖江の亀蔵のすだちそばとはまた違う味。

食事前に雨が降り始めて来てたんだよね。でも、目的の出羽三山の羽黒山に行ってきた。

巨大な鳥居を潜り抜けて・・。

山門をくぐり・・。

石畳の階段を降りていくと・・。

赤い欄干の橋。右手には滝。

そしてしばらく歩くと、巨大な100年杉。「爺杉」

五重塔

はぁはぁ言いながらもと来た道を戻り、車で山頂の神社へ。ここから霧がすごくて不気味なんだよな。異世界の入口が開いたかと思ったわ。

出羽三山神社が池越では霧で写らない。

近くから撮影。

つづく・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする