鯖江の居酒屋「一笑」に行ってきた

鯖江の居酒屋、「旨み処一笑」に行ってきた。同行者はアントニオくん。店を見つけたのもアントニオくんだ。なんかの拍子にたまたま見つけたとか。

窓がなく中がわからない作りなので、恐る恐る扉を開けたら、おば・・女の人二人がカウンターにいらっしゃる。スナックっぽい感じ。カラオケもある。ただ、メニュー板には居酒屋っぽいものが並んでいたのでちょっと安心した。

とりあえず、ボクはハイボール。箸置きがお獅子は珍しいな。

肉じゃが。肉が少ない・・

オムレツ。

ハムステーキ。全体に家庭的な料理の印象。

お店のお二人は、面白い人たちで会話がはずんだ。
このお二人の写真も撮ってあるけどブログにアップしてよかったっけ?OKもらったようなもらってなかったような・・・。一応小っちゃくしてモザイクかけとこ。

会話の流れで、ボクらはなるべく行ったことのない居酒屋にいくようにしてると言ったら、鯖江の居酒屋情報を教えてくれた。まだ行ってないとこあるね。奥が深いわ。居酒屋道。

日清焼きそば(笑)

焼酎。

あと、タコの刺身も頼んだけど写真撮り忘れたか。

途中で入ってきたお客さんもいて、カラオケで盛り上がったりして。

楽しかった。

・・・・ただ、焼酎をボトルじゃなくグラスで何杯も注文しちゃったのが響いたのか、カラオケを歌ったのが積み重なったのか、た・・高かった・・。

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 居酒屋ってかなりの軒数があるな(蕎麦屋の数倍か?)
    料理屋を含めたら更に…

    鯖江の九龍飯店斜め前に新しく?洋風居酒屋が出来た、名前は勝った「バジル」だったかな?
    アントニオさんと検証頼む!w
    あの場所はよく店が入れ代わるから幻の居酒屋になってしまうかも…

  2. どうもスマホで書き込みすると打ち間違え多い、、すまぬ。

  3. jaguar より:

    ここか
    https://tabelog.com/fukui/A1802/A180201/18007513/dtlrvwlst/B301063815/
    紹介記事では女性向けのような気がせんでもないが、全制覇を目指してるからには行くしかないな。

  4. アントニオ・ゴメス より:

    明らかに、潰れたスナックを改装したような外観。扉を開けたら、中が見えないようにしているオバちゃんのシュミーズみたいなカーテン。引き返そうかと思った矢先に「いらっしゃーい」の声で諦めて、カウンターに座ったが、貴重な体験でしたね、この店は。
    酒焼けした声と堂々の風格から、かなり年上のお姉さん方と思っていたら、俺らより1学年下と上という年齢にも衝撃を受けました(笑)。
    そして最後のお勘定でも衝撃を受けたな。料亭、割烹を除けば、居酒屋さんで一番高額なお支払い額でした(嫁は「ボッたくられたんや!」と勝手に決めつけてる)。うーん、何が高くついたんだろう・・・料理は少量しか頼んでないし(値段が付いてなかったから分からんな)。俺の推測では、ジャガーさんが頼んだ”日清焼きそば(具無し)”が、メニューにない料理だったんで2千円位、加えて他のお客さんのカラオケ代もぶっ込まれてるんじゃないかな?まあ、楽しかったから、いいか?

  5. jaguar より:

    常連っぽい客もいたし、注文の仕方によっては安いのかも・・。3000円ぐらいやったら福井居酒屋2017 特別賞候補(ベストと別枠)に考えてもいいけどな(笑)

  6. カラオケのある居酒屋ってあるのか?
    多分ここはスナックだから高かったんだと思う(笑)

  7. jaguar より:

    > 多分ここはスナックだから高かったんだと思う(笑)
    そうかもな・・。

    ちなみにその後のカラオケは食べ物も結構食ってるけど、ここの半額だった。