牟岐縄屋に行ってきた

三国にある人気ラーメン店、「牟岐縄屋」に行ってきた。同行者はタイガーさんとラビットさん。住んでいるところからは少し遠いので早めに出発して、開店30分前に着いた。お店の場所は以前食堂だったところみたいだ。ぱっと見は荒廃した雰囲気があるが、ここが人気店?

そして、入り口前には誰も並んでいなかったので一番乗りかと思ったら、さにあらず。この建物の中に入ると先客が5,6人ほど座っていた。いや、そういえば表に停まっていた車の中にいた人もいるので、実質ボクらの前に待っていたのは10人ぐらいか?

建物の中も荒廃した感じで薄暗いところにテーブルと椅子が置いてあるが、こちらサイドはラーメンを出すところではなく、あくまでも待ちスペースとして使っている模様。建物入口を入って左側が牟岐縄屋のお店でこちらは荒廃していない。客が座るスペースは8席らしい。ということは早めに出てきたのにまた二巡目か。このメンバーのいつものパターンだ。

開店時間が近づくと食券の電源も入り、行列が出来る。限定メニューもあるので売り切れに注意だ。ってボクが頼んだのは一番スタンダードなやつだけど。



さて、待ったな。かなり。もう12時だ。この待ちスペースにハンモックが置いてあるということは寝て待てということか・・とか考えていたら名前を呼ばれた。座った席の横になぜかはぶ酒がある。頼む人がいるのか?謎が多すぎるぞこの店。

落ち着け。まずはビールだ。ビールを頼んでおくと、ラーメンを持ってくるまでの時間も手持無沙汰ではないのがいい。ラーメンはテーブルに着いてから作り始めるみたいだから結構時間がかかるわけね。

さて、しばらくするとようやくやって来た。これが縄中華そばの塩。

一口目、思わず「うん」と声を出してしまった。麺もスープも最上級の味わい。確かに行列できるわけだ。滅多にうまいと言わないラビットくんも、かなり良い評価でスープを飲みほしていた。

こちらはタイガーさんとラビットさんの頼んだ限定A「水鶏系名古屋コーチンそば」しょうゆ味。

チャーシューは形が崩れたので増量してあるとのこと。なんか普通に多いので肉増しを頼んでいたら大変なことになりそうだ(笑)

ということで、味は非常に満足。

ごちそうさまと席を立って、再び待ちスペースを通るとそこには30人ほどいたんじゃないか。最後の人が食べられるのは午後3時?荒廃した雰囲気に静かに座る人たちを見て、なぜか次の絵がフラッシュバックした。

この店、食事の席がもう少しあればなあ。一人で食べに来てる人も多いので、一人用の席をどこかにつくるといいかもとちょっと思った。

この後、蕎麦のゆうたろうに行ったけど、その件は省略。

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 伊達邦彦 より:

    大変美味いのは認める!
    順番待ちの件について某匿名掲示板に
    書き込んだらボケ、カス、アホとか叩かれたな(笑)
    叩かれ慣れしてるから何とも思わないけど
    実名顔公開になるそんなコメントなんて絶対見ないのにな(笑)

    ゆうたろう省略は可哀想だろ(笑)

  2. jaguar より:

    ゆうたろうは今回は普通の蕎麦に感じて、特筆すべきこともないのでナシ。