岐阜県の鰻の店「川勢」に行ってきた

日本旅行

岐阜県の鰻はうまい

岐阜県の鰻の店に行きたかったので「川勢(かわせい)」に行ってきた。岐阜県の鰻の話を聞くとみんなうまいっていうんだよな。以前行ったしげ吉も究極のうまさだった。他の店もそんなレベルか確かめたい。

どこに行くか決めるのにネットで調べた。一番信頼できるグーグルの口コミでは4.4でかなり高い。川勢はランチのひつまぶしが安くてウリらしい。

川勢は12時には混むらしい

12時には混んでいて待たなければいけないみたいな情報があったので、開店時間の11時に着くように行ってみた。駐車場は店の前にあって車が数台停まっていた。これは店を出たときの写真

到着時はまだ11時前だったけどもう店は開いてる模様。入口の扉を開けて中に入るとすでに三組のお客さんがいて一組はもう食べてた。公式には11時オープンだけれども実際にはお客さんがいれば11時前でも入れてもらえるような感じだな。

川勢のメニュー

中に入って、最初に目についたのは今となっては懐かしい辰吉丈一郎のサインとグローブ。

有名人も訪れる店ということで、期待が高まる。さて、何を食べるか。って、もうボクはランチのひつまぶし1,900円だけどね。

なんか別のランチもあって2,000円と書いてあったけど、訊いたら温玉がつくかどうかの差だとか。

なら、普通のひつまぶしでいいや。しかし、混ぜすぎるとカオスとなりますってどんな表現やねん。

と、しばし待つ。

ちなみに、これはその他のメニュー。ランチではないひつまぶしだと3,000円するんだ。ランチはすごいお得感・・。

あ、ビール頼むの忘れた。ビール1本、グラスひとつ。豆腐一丁は付いてきた。

川勢のランチのひつまぶし

10分ぐらい待ったかな。やってきましたひつまぶし。

味は結構甘いな。ひつまぶしを頼んでおきながら言うのも何だけど鰻の食べ方は丼が最高だと思うんだよね。お茶漬けなんて邪道の食べ方だと思ってたけど、この甘いタレだとお茶漬けで食べたほうがうまいようにも感じた。もしかしたらお茶漬けを中心に据えた味付けのタレなのかもね。

これは吸い物。うな丼を頼むとこれが肝吸いになるとかいう声が聞こえた。ホントかどうかは知らない・・。

川勢にはサカナクションも来た

会計するところの上に飾ってあった写真とサイン。サカナクションの山口くんも来たんだ。

他にもサインがあったんだけど、誰一人知らんなと思ったら、岐阜のサッカー選手だった。ごめん・・

店を出るときには数組の順番待ちの人たちが入口の待ち席に座っていた。

つづく・・

コメント

  1. アントニオ・ゴメス より:

    味の感想が「結構甘い」しかないということは、イマイチということね。しげ吉の方がお勧めか?

  2. タイガー より:

    丼だと味付けも変わるのかな?
    37もそろそろやらんと忘年会になってまうな

  3. jaguar より:

    > アントニオさん
    しげ吉はちょっとレベルが違うかな。しげ吉は開店前から並ぶけど、川勢は12時ごろから並ぶって違いは味の差を表してるのかもね。まあでもおいしかったですよ。期待が高かっただけに本文では多少がっくり感も出てるかもしれん(笑)

    > タイガーさん
    丼だと味付けも変わるのかなと、ボクもちょっと思ったけど、まあそれはないかなあ。ボクは丼のほうが好きなので究極の鰻丼を探すには今後はひつまぶしを前面に押し出してる店は避けよう・・。

  4. jaguar より:

    > タイガーさん
    忘年会、頼むぞ。ラビットさんを唸らせるようなところに連れて行ってくれ。