勝山市の蕎麦屋「八助」に行ってきた

勝山市の蕎麦屋「八助」に行ってきた。今日は好太郎に続いて二軒目の蕎麦屋。

八助には行列が!

先ほど行ってきた好太郎から車で5分位の距離だろうか。結構近い距離。狭い路地を入ったところにあり、わかりにくい場所にある。だが、しかしここが凄い行列なのだ。

P1020728

ボク達も並ぶかどうか迷いながら、せっかくここまで来たということもあり列に加わった。しかしなぜここまで混んでるのだ?あと、なぜか子供連れが多い。恐竜博がらみの何かなのか??ボク達が子供のころは蕎麦なんて喰わなかったがなぁ・・・。駐車場は県外ナンバーの車でいっぱいに。

P1020731

お店の人も慣れた感じで各グループが何名待ちかということでメモ取り。ボク達にはメニューを渡された。タイガーさんがお子様盛りを頼んでもいいか尋ねたら、量が少ないのでどうでしょか?というような返答。結局却下ということになったが、なんだか後で判明したのだがおろしそばとお子様盛りは同じグラム数とのこと。結果一番小食のタイガーさんが一番量が多いものを注文ということに・・。

P1020736

さて20分ぐらい待っただろうか。ようやく中に入れてもらえた。(でも待ち席)

P1020743

この店は元々製粉所として営業していてその後蕎麦屋も始めたのかな。ガラス戸を挟んだ向こうでは蕎麦粉を作っていた。昔ながらの粉屋の雰囲気。

P1020745

八助のおろしそば

そんなこんなでやっと出てきたおろしそば。

P1020754

値段は470円と比較的安くて、見た目的には初期のあみだ蕎麦に似てるかな。味は・・・う~む。まあ無難な味ではあるんだけど、何だろう、全体に特徴はないかも。ここまで行列になるほどではないと思うが、帰りはさらに長くなっていた・・・。

P1020755

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする