ボヘミアン・ラプソディをシネマサンシャインかほくのscreenXで観てきた

話題のクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」を270度視界の3面スクリーンで観れるということを聞いた。石川県かほく市でやってるらしい。チケットはネットから予約購入できた。席も選べるけど、おいおい、あんまり予約入ってないぞ。話題なのはボクのツイッター上だけのことか?

さて、この270度視界の3面スクリーンは、screenXと呼ばれているらしい。テレビのCMで見た感じでは結構良さそう。

ということで、朝一に妻と一緒にシネマサンシャインかほくにやって来た。妻はクイーンのことを特に知らないので、寝てしまわないか不安だ。

さて、映画が始まったと思ったら、なんかSFっぽい。あれぇ・・ボクたち入る館のNo.を間違えちゃったかな?と思ったらscreenXの解説映像だった。左右の壁にも映像が映し出されてすごい臨場感。映画館自体が動いているような錯覚が起こる。ずっとこれだと酔っちゃうかなと思ったけど、ポイントポイントで3面にするようだ。

この後、20世紀フォックスのOPタイトルロゴが流れて、その音がブライアン・メイ風のギターの音!キターーっ!

なんか役者が全員クイーンのメンバーに似てる。特に最後のライブではもう完璧にクイーンだったな。映画の観客は少ないながらもあちこちで涙をぬぐう姿がチラホラ。なんと妻も泣いてしまったとか。クイーンのことほとんど知らんのにかい!

ということで、おっさんのキスシーン(しかも2回も)以外は最高によかった。screenXもよかった。

おわり。

※追記:OPタイトルロゴは実際にブライアン・メイとロジャー・テイラーが演奏しているらしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. タイガー より:

    フレディはアレだからおっさん同士のキスは仕方ないけど神無月は乱入して来なかったのか?笑

  2. jaguar より:

    それはなかった。
    胸毛のつけ毛もなかった(笑)

  3. アントニオ・ゴメス より:

    ジャガー情報を受けて、会社定時で上がって、映画見に行ってきました(“シネマサンシャインかほく”は無理なので近場の”アレックスシネマ鯖江”に)。
    多感な中学~高校時代、現役ロックバンドで一番好きだったQUEEN。映画を見ながら、色々な想い出が走馬灯のように思い出された。そういえば、高2で行った金沢実践倫理記念会館でのライブで、複雑なコール&レスポンスに苦慮したのを思い出しました。ジャガーもバンドメンバーと行ってたよね。覚えてる?

  4. jaguar より:

    高校のときのQueenのコンサート、当時は公共の乗り物に慣れてなくて、会場まで不安ながらも電車とバスを乗り継いで行った。一緒に行ったバンドメンバーとはぐれたら、たどり着けなくて迷子になってただろう。
    会場のボクらの席は2階だったかな。目のいいMくんがあちこちにいる高校の同級生を見つけてた。あいつもいるぞみたいな感じで(笑)

  5. アントニオ・ゴメス より:

    俺らとは別々に行ったんだよな、同じ電車で。一緒に行ったQUEENファンのI君に、今庄そば買ってもらってたら(当時はホームで素焼の丼で買って持ち込めた)電車が走り出して、パープル君と2人で、窓から引っ張り入れたの思い出した。
    今でもQUEENを聴くと、蕎麦が食いたくなります(これは冗談)。

  6. jaguar より:

    窓から引っ張り上げるなんて、今は不可能だな。エピソードがすごく昭和だ。

  7. タイガー より:

    横入りすまん。
    そういや昔の駅そばはホーム内にもあって
    器代も払えば汽車の中で食えたんだな
    懐かしくて思わず書き込んだ次第です

  8. アントニオ・ゴメス より:

    そんな気もして、書き込みました(笑)