日本人のすべてが目覚めていれば・・・

テレビの世界では地震前と同じ日常が戻っている。
本当はいろいろなことが変わっているはずだ。
それは放射線量分布だったり、
他国にむしりとられている日本の経済的状況だったりする。
でも、あんまりそういうことはテレビではやらない。

マトリックスの世界に気づくことが幸せなのか、
気づかないことが幸せなのか・・。

戦争はなぜ起きるのか

今回起きたことは、日本を粉々にするための序章である。
そして、その破壊が世界的な潮流となっていることにも気づいているはずだ。

では、なぜこのような悲劇が我々に襲い掛かってくるのであろう。

私たち平均的な日本人は毎日仕事に出かけ、
家に帰ると酒を飲んだりしながらテレビを見ている。

そしてテレビを見て、
俺はたいていのことは知っていると自負しているが、
実はたいていの事を知らない。

日本人のすべてが目覚めていれば、
今回のような事態には至らなかった。

日本人が夢に浸っているうちに、
悪魔が政治を操って破滅へと導いていたのである。

(中略)

だが人々は、お笑い番組やスポーツニュースといった夢の世界がいつまでも続くと信じている。
ディズニーが日本にかけた魔法は、
日本国民を深い眠りへと誘ってしまった。

日本国民は起きているように見えるが眠っている。
その尻に火がついているのにまだ眠っている。

そして気づいたときには、
自分の国が消えてしまい、
浦島太郎のように、
玉手箱の蓋を悲しく開けることになる。

そう、まさにその蓋が開き始めたのだ。

http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10158705.html

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする