「酔ってけ家」に行ってきた

「酔ってけ家」に行ってきた。鯖江駅の横にある。同行者はアントニオくん。

お店のネーミング的には、大衆酒場、安くて味はそれなりの感じなのだが、意外や意外。かなりうまかった。

突き出しはポテトサラダ。この辺は普通。

イカの刺身。え?って感じ。アカイカと言ってたけど。アカイカってこんなうまかったっけ?

店内は、結構いい感じ。正直、店名からはもっと散らかったイメージだったけど、結構きれいな感じ。へしこパスタなんて、かなり攻めてるメニューもアリ。

ここの店員さんは寿司屋で修業したらしく、カウンターのショーケースのサクもきれいな感じ。今回は寿司は食べなかったけれど、魚介類も新鮮な雰囲気でマル!

カキフライ。おいしかった。

バイ貝のガーリック炒めとかいうのを頼んだら、なんだかすごいのが出てきた。アヒージョみたいな料理法。フランスパンに乗せて食べるのだ。予想外。凝ってる。

しめ鯖はおすすめメニューらしい。けど、そのほかの料理がすごすぎて逆に普通だったかな。。

赤ナマコの酢の物。ナマコの料理では、ボクは近所の魚屋さんの料理を超えるものは今まで出会ったことがなかったのだけれど、ここのナマコはもしかして超えたかもしれない。ものすごくうまい。

山芋短冊

全体にかなりうまかった。しかも割と安いし。

居酒屋道。奥が深いと恐れ入った経験だった。

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アントニオ・ゴメス より:

    予想に反して(大将、すんません)どの料理も悪くなかった。イカ刺しは、今年食べたイカの中でもダントツ一番旨かった。お店も小奇麗。まだまだ隠れた名店ありそうですな。

  2. jaguar より:

    勝手に店名や看板から判断しちゃダメですな。。しかし、もっとかっこいい店名と看板にすりゃいいのにな。。ってそれも失礼か(笑)

  3. タイガーちゃん より:

    武生の喜多方ラーメン横の燃えてしまった焼肉屋も変な名前だった(忘れたが)

    今日はカガセイフンの粉で蕎麦打ちか?

  4. jaguar より:

    今日はカガさんの粉の蕎麦と真吾寿司だ。

  5. タイガーちゃん より:

    おぉ!高級尽くしじゃないか!さすが財閥

  6. jaguar より:

    うまかった。。