鯖江の「天喰屋」さんに行ってきた

9月21日、鯖江の「天喰屋」さんに行ってきた。
同行者は先日の金沢旅行のときのアントニオくん。

連休中の呑み屋はときどき満杯で入れなかったりするので、念のために電話で「入れますか?」と確認した。準備万端だ。そして、店に着いたのは5時過ぎだったがさすがに早すぎたか?開店は6時からだと言われた。orz

P1020039

呑む前に近場を散策

しょうがないのでその辺を散策してきた。車では時々通るがゆっくり歩いたことはなかったので、いろいろ面白かった。

ヨーロッパン・キムラヤさんの建物が威風堂々とした雰囲気。建物の上には風見鶏が見える。

P1020040

営業してるのかしてないのかわからない感じの 田野理容さん前を通って駅前の本屋さんで少し時間をつぶした。

P1020041

本屋さんでは、品ぞろえがボクの趣味と違うのか興味を持つ本がなかったので、手相の本を読んだが、あまりよくわからなかった。なんだかどれにも該当するようなしないような。(ボクの手はしわが多くて人の3~5倍はあるのでどのシワもあるような気がするのだ。)

本屋を出たころには辺りは暗くなり始めて、西の空は少し赤味がかっていた。そういえばもうすぐ秋分の日だ。日が落ちるのが早くなって秋から冬へと向かうスタート地点だな。第4走者のスタンバイ。

P1020049

松阜神社付近は昭和の雰囲気

さて、お店には戻ってきたが6時まではあと5分程度ある。もうちょっとだけ時間をつぶすために近くの神社へ行ってみた。「松阜神社」。アントニオくんはこれを「べっぷじんじゃ」って読むと言ってたけど、調べると「まつおかじんじゃ」のような気が・・。
http://blog.e-kimuraya.com/?eid=4

P1020050

最初の鳥居をくぐって神社までの通りはなんだか昭和のまま時間が止まったかのよう。

P1020052

とりあえずお参りしてきた。(お賽銭は出さなかったけど)

P1020054

いよいよ天喰屋へ

さて、いよいよ天喰屋へ。先ほどと違い灯りがついてた。

P1020057

入ると、客はまだ誰もいなくて、電話で問い合わせたり心配したのは物凄い杞憂に終わってしまった。

お店は若いご夫婦が二人でやってるのかな。設置してあるテレビではなぜかメル・ギブソンが出ているアクション・コメディーをやってた。

カウンターに座ると、突き出しの卵が出てきた。辛子がいい味を出している。

P1020058

刺身の盛り合わせは、見た目にもおいしそう。(うまく写真撮れんかった。。)

P1020059

こちらは天ぷらの盛り合わせ。エビ、大葉、ニンジン、ナス、あと山芋?

P1020060

カウンターの横には少年野球の写真が飾ってあったので、その件で少し主人と会話。主人のこだわりを垣間見たような気がした。

その後は恒例のカラオケで、4時間アジカン縛りを達成した。

P1020063

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする