「石油」「人口」「中国」

最近読んだ本。


時代を見通す力

今から35年前の第一次石油ショック(1973年)のときに、あと20年で地球上の石油を掘りつくすと言われて信じてたボクはなんだったんだろう・・。こういう裏があったんだ。
ロスチャイルド、ロックフェラーと日本の近代史との関係がよくわかった。


科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている

上記の第一次石油ショックのときに続き、二酸化炭素の件も騙されてたっぽい・・
CO2を減らそうとか言ってるテレビが胡散臭く感じられる。
思えばいつの間に、みんながみんな二酸化炭素説を信じるようになったんだろう?


中国が目論む世界支配の正体

上記の本に続いてこの本でも人口削減計画についてのことが・・
さらに、地球温暖化二酸化炭素説がウソであることもさらりと書かれている。
少し都市伝説っぽいところもあったが面白かった。

「石油」「人口」「中国」が今後のキーワード。
何か大きなことが起こりつつある・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする