山中温泉街に行ってきた

昔の少年野球のときの親3組で山中温泉街に行ってきた。

山中は過去に少年野球の遠征地として何度か来ていたのだけれど、その頃は試合がメインで観光はほんとんどしていなかった。今回はそのとき出来なかった観光が目的。同時にゴールデンウイーク中に開催される山中わんこそば大会に1組(食べる役と入れる役)が出場するというおまけつき。なお、ボクは応援+写真班。

まずは、わんこそば大会

わんこそば会場に着くとすごい人。会場では餅まきが行われたり、漆器などの名産品を販売していたりと大賑わい。エントリー後にしばらく時間があるので、屋台の通りのテーブルに座って待っていることにした。すると、いきなり出場者のOさんが屋台でビールと焼き鳥を買ってるじゃないか。おいおい、今からわんこそば食べるんじゃないの?と訊いたら、少しぐらい食べておいたほうが調子がいいとかなんとか。

結果は99杯。事前にビールとか焼き鳥とか食べてた割には善戦と言えるが、優勝者はやっぱりレベルが違う。170数杯だとか。(正確な数字忘れた)これはテクニックとかもあるんだろう。

次は、温泉街の観光。

芭蕉の館は元々旅館だったらしい。モダンながら落ち着きのある日本建築。

肉のいづみやは揚げ立てコロッケで人気。

変わった建物も多いので通りを歩くのも楽しい。

こおろぎ橋を渡ると川沿いを歩ける遊歩道が見える。鶴仙渓遊歩道というらしい。

石畳の道がいい感じ。

独創的なデザインのあやとり橋が見える。

遊歩道の終わりぐらいまで歩くとあるのが、東山ボヌールというカフェレストラン。なんか枯れた雰囲気のお店で見逃してしまう人もいるかも?

店内はおしゃれな雰囲気。

でも注文するのはやっぱり生ビール。銘柄はハートランド。他の人はジュレとかシャーベットとか。

いろいろ楽しかった。帰りに谷口屋で油揚げを買っていこうと立ち寄ったけれど、完売。さすがゴールデンウイーク。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする