円高

円高が諸悪の根源みたいな扱われ方をしているが、それはマスコミのミスリードであり、円高で損をしてる企業もあれば得をしてる企業だってあるはずだ。得する場合は海外旅行ばかり取り上げられるけどそれだけじゃない。マスコミが放送してるのは、トヨタなどのスポンサーに対するためのニュースか?
あと言いたいのは、円高というのは国力が強いということの証であるはずだ。今こそ日本が立ち上がるチャンスなのだ。これをもっとアピールして欲しいな~。

お気楽株式投資掲示板に面白いこと書いている人がいたので、コピペしておこうっと。

————
★ 古臭いエコノミスト NEW / 夢追男さんの投稿から

円高対策で多くの経済エコノミストは金融緩和を言うが、それでどうする?という具体策が全くない。 これでは従来通りお金は銀行に集中滞留するだけだ。円高メリットを生かして世界に投資することが一番円高対策になる。官民共同で投資会社を設立して米国や欧州の基幹産業を牛耳るくらいのことをやってもよい。米国穀物会社も買い占めればいい。
そして
何といっても石油・鉱山・レアメタル権益に円高メリットで投資することだ。

資金は日銀がバンバンお札を刷って、それを活用すればいい。エコカーポイントなんかの政策よりも円高→円安こそ最大の経済対策だ。

今日、日本テレビで掘古サンが同じようなことを言っていた。これこそ正に絶好のチャンスなのだ。インフレなき円安誘導だ。 欧米に気をつかっておとなしく従う弱い日本なんか見たくないよ。
———

———-
★ 円高を喜ぼう NEW / 一念僧さんの投稿から

日本国の貨幣の価値が上っているのだから活用すべきである。輸出産業のことばかり考えていては狭窄である。ドルベースのGOLDは上っているが円換算では横ばいであるから本質は円高ではなくドル安であり、ユーロ安である。したがって対欧米の円高。
欧米資産を戦略的に買い進むべく政策誘導すれば国益になる。円高を利用して欧米試算を仕入れ、新興国に売却する交易を活発にするべきである。
物事の本質を見るには大阪灘波の中国人観光客の行動を分析すればグローバル交易分析の糸口になる。何と言っても日本は交易の国だから。間違っていけないのは輸出立国であると勘違いしないことである。
—————

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする