ご馳走 純に行ってきた

順化にある隠れ家的な割烹料理屋「ご馳走 純」に行ってきた。

店内は8人席のテーブルが一つと4人席のカウンターしかないこじんまりとした店だ。会話を邪魔しない音量でジャズが流れていた。

まずはビール。うん。おいしい。生ビールがおいしいお店は安心できる。

能登カキと大根煮 針柚 お好みで黒山椒などをかけて

前菜(ナマコみぞれ和え、あん肝、鴨と胡瓜の胡麻酢和え、里芋の唐揚げ、銀杏、フキノトウ)

セイコ蟹

年金の話が話題に。早めにもらうと後でもらうのとどっちが得か?まあ結局賭けだよなあ。



お造り(ひらまさ、本マグロ・・のタタキ?、甘海老の柚子胡椒和え)

甘鯛ゆうあん焼きと加賀レンコン

白子天ぷらのなめこ餡かけ

これは白龍のにごり酒。これがうまかったけど銘柄忘れた・・。

微生物を扱う仕事と東京農大。経営学のほうが大事だったとかなんとか。。



セイコ蟹おろしそば。おろしそばのこういう食べ方は初めてだ。岩ノリがアクセントか。

デザート 紅マドンナとイチゴ



帰りに福井駅前を通った。閑散としていた。
クリスマス前だというのに飾りつけも何もない。そっけない感じ。

あっ、そうか。きっと恐竜がサンタさんの帽子をかぶってたりするんだな?



いつもと同じだった・・。福井は仏教国なのでクリスマスは来ないらしい。

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

file Y