スーパークローン文化財展に行ってきた

福井県立美術館でやってる「スーパークローン文化財展」に行ってきた。スーパークローン文化財とは、最先端のデジタル技術と人間の手作業・感性が融合されることで実現された超高精細な文化財の再現作品なのだ。そしてボクにとって一番うれしいのが写真撮影OKで、それをSNSにアップすることもOKなのである。(作品に触ってもOK!)

まずは入口に鎮座する法隆寺の釈迦三尊像に圧倒される。館内ではこれをどのように作っていったかのフィルムを上映していた。1000年のときを経たかのような重厚さを現代のテクノロジーで再現するのだ。

その周りには焼損した壁画を見事に再現。

傷とかカスレ具合も再現してるんだよな。

イスラム過激派が破壊したバーミヤン渓谷の石仏のミニチュア。

この天井に壁画があるのだ。

そして、これを実物大で再現したバーミヤン東大仏天井壁画。破壊されたアフガンの至宝が復活なのだ。

うーむ・・。アップの写真しか撮れない。広角レンズを持ってくればよかった。

浮世絵のコーナーでは江戸時代の香りを再現するとともに、アニメも上映されていた。

ゴッホやモネなどの油絵のレプリカ。ゴッホの絵はもっとデコボコしてるかと思ったけど意外と凹凸は少なかったかな。

二階には国宝三大絵巻の複写もあったけど写真撮り忘れた。。。

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

file Y