焼酎「ハナタレ」と政治関連のぼやき(今回初めて選挙に行く人へ)

焼酎「ハナタレ」。44度の強烈芋焼酎。最初飲んだ時は冷凍庫で冷やすと凍らずにとろりとした感じになるというので、やってみたがこれは強すぎ。最近は慣れてきたのでもう冷やさずに水で薄めてオン・ザ・ロックだ。焼酎:水=1:1ぐらいで丁度いい。ハナタレは「初垂れ」と書いて焼酎のモロミを蒸留する過程の段階でとれる原酒を指す。個人的には直接冷凍庫で冷やすより、ロックで呑んだほうがいい香りがするな。

ハナタレ

さて、このブログは元々は妻のわるぐ・・・いや、日々の面白い出来事か政治経済かテーマだったので昔を思い出して、今日は政治関連の話などを酔いに任せてつらつらと書いてみる。

もうすぐ参院選挙が始まり、今回から18歳以上に投票権が与えられることとなった。ということで、ボクの息子も二人とも選挙権を持つことになる。でも、若いときって政治に関する知識がないから誰に入れればいいかわかんないんだよなー。興味もないし。

ま、興味ない人はどうでもいいけど、やたら選挙に行かないと社会人としてダメみたいに強迫観念を植え付けられてる人は、以下の知識だけでも知っておこう。これを知ってるだけで、かなり選択肢がせばまってくるんじゃないかな。

政治というのは、要は利権の取り合いである。そして、ある団体がその団体に有利なことになるように推し進める団体が政党。次がそれぞれの政党のメインのバックボーン団体である。もちろん複数の支持母体を持つこともあるが一番力のあるものはこれだと思えばいいだろう。

自民党・・・大企業
民進党・・・韓国
共産党・・・中国
社民党・・・北朝鮮
公明党・・・創価学会(宗教団体、朝鮮系と言われている)
おおさか維新・・・大阪府民?ここは今一つわからない

驚くべきことに日本の政党なのに、外国がバックボーンになっているところが多いというのが不思議なところである。でも、外国が日本を懐柔したいと思ったら誰かを政治家にして操るというのは普通に考えつく方法だわな。あと、日本人って政治家にはなりたがらないしな。

そう言えば、舛添は保育所が足りないと言われてる中、無理やり都有地を韓国に貸し出そうとしたなど韓国のことしか考えてなかったな。テレビではなぜか一切言わないけどな。苦情は一番多かったのに。

さあ、それを踏まえてどこに投票しますかね。
あ、ちなみに個人名なんかあんまり意味ないわ。党議拘束っていうのがあるから、個人名は見ずに政党名のみで決定が正解。あと、公約とかマニュフェストなんて信用するな。それと選挙は自分にピッタリのところなんてないと思え。消去法しかない。

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. タイガー より:

    俺は参議院ってなんであるの(必要ない)?と思ってる

  2. jaguar より:

    昔はそう思ったが、今はある程度参院みたいなものは仕組みは必要かも。出来ればそれは議員でなくてネット投票とかになるといいんだけどな。