ウインドウズユーザのiPhoneアプリ作成はまりどころ

先日から、iPhoneアプリを作っていて本日やっとアップロードできた。
はまりまくり・・
はまったところを列挙しておこう。
MACの操作に慣れてないというのも大きいが・・

●Apple IDに日本語で名前をいれてしまった。
買い物したときに作ったIDを使ったのが失敗。
いろんなところに書いてあるようにIDが日本語だとiOS DEV Center にログインできない。
Appleにログインできないんだけどどうすればいいですかと英語でメールを送ったら解決した。

●証明書の発行とか、Device(テストでプログラムを動かせるiPhoneの番号)の登録とか、なんだか山のように登録しなければいけないことがある。そして、MACの場合、キーチェーンアクセスというソフトで個人IDやパスを管理するが、使い方に慣れてないため、同じことをなんどもやったりすると、IDがいくつもできてしまうみたいだ。これが邪魔をしてエラー出まくり。この部分しっかりとしたやり方が書いてある本などをみながら、時間のあるときに落ち着いて行わないとダメ。
(ボクは眠いときにテキトーにやってしまった・・)
キーチェーンアクセスの「ログイン」「システム」に入っているiPhone関係の名前と日付を見て不要なものを削除、新たに登録したらエラーが解消した)

●Xcodeの言語 Objective-C というのが、ちょっと取っ付きにくい。
なんだか同じことを何回も書くので文が長くなるようなイメージ。

●ローカルHTMLをバンドルできるのはわかったけど、その中に入ってるイメージパスがそのまま使えない。
<img src=”img/01.jpg”> ←こんな場合
ただ、HTMLと並列な部分に入れておけば使えるみたいなので、 img-01.jpg と書き換えてやってみたらうまくいった。(画像名も書き換えないといけないのでめんどくさいが、その他にやり方がわからん・・)

●MACのdeleteってウインドウズのバックスペース・・
deleteするには、fn+delete

●MACって半角カタカナどうするの?
アップルメニュー→「システム環境設定」→「言語環境」の「入力」パネルを開いて、「半角カタカナ」にチェック

●アプリをアップロードするのに、Application Loaderというソフトをダウンロードして使うという情報はいろんなところに載ってるが、そのソフトがどこにあるのかがわからなかった。
Application Loader
English
と書いてあるリンク先のPDFファイルの中にダウンロード先のリンクが書いてあった・・

●アップロードすると、エラー2つ
シミュレータではなくデバイスのほうにしたら1つ解消

もう一個は
The UIDeviceFamily key must be present when requiring at MinimumOSversion at least 3.2.
というもの。
これがいくら調べてもわからない。info.plist のバージョンの値を変更すればいいのではないかと思ったが、そんな項目はない・・
ぐぐっても関係なさそうなものしか出てこないし。

最終的にこれは、作成されたアプリのフォルダにある ***.app.dSYM を削除して、もう一回アプリを作り直したら解消した。よく起こりそうなことなのにどうしてどこにも載ってないんだ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする