今後、人と国はどのように行動すべきか

どう考えても深刻な状況のような気がします。。
今は心の声を信じるときかも。
もし、迷ってるなら↓これを読んでみるといいかもしれません。
命が一番大事でしょ。

それと、国がとるべき方法は、下記のサイトで書かれている「福島原発阻止行動プロジェクト」を実行すること。これしかないように思います。

1号機の再臨界が濃厚 – 今後どう行動するか

どこに逃げるのか。
どのように逃げるのか。
誰を連れて逃げるのか。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-436.html

窒素注入後に1号機におきていることなどから考える

山田さんと言う方がいて、福島原発阻止行動プロジェクトとというのを立ち上げたそうです。六十歳以上の退役の技術者が一定数集まって、福島第一原発で身を挺してやりたいというのです。高被曝を覚悟して一ヶ月で、冷却システムのプラントをくみ上げてしまうと言うものです。要は、自分たちは年寄りで死んでもよいから、これ以上の災厄を食い止めたいから、決死隊として冷却システムを作るからやらせてくれと言う話です。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/697cfef5a3b8350dfabf9cf145f2f113

【【重要なお知らせ】】 原発のことについて

一歩譲って東電の発表の通り、放射線を計測する機械が壊れたとすると、今、1号機は放射線が計測できない状態ということになりますよね、、それなのに、9日には、東電は「1号機は安定している」平然と言ってのけています。まともですか?
さらに、今夜、10日夕方から始まった東電の会見。記者の簡単な質問に対しては、淡々と答えるのですが、ちょっと突っ込まれると「言えません」「検討中です」「持って帰って確認します」「会社の決まりなので話せません」の繰り返し。

http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/blog-entry-290.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする