小学6年生の宿題

サイコロ計算ゲームジャマイカというのがあって、
最近、長男の担任がそれにはまっているようだ。
まあ、要は5つの数字を使って目的の数字を作るというゲームだ。
例えば
5,5,4,4,3 ⇒ 43 なら (5×4)+(5×4)+3
5,5,4,4,3 ⇒ 22 なら 5×5×4÷4-3
という感じ。
(+ – × ÷ のどれを使っても良い。ただし2と1で 21 というのはダメ)
それが10問、昨日の宿題で出た。
長男が手伝ってくれというので、一緒に考えてみた。
最初はなめてたのだが意外と難しい。
そして特に難しかったのがこれだ。
5,5,3,2,2 ⇒ 66
6,5,5,5,3 ⇒ 61
6,6,6,5,1 ⇒ 52
一番上のヤツは30分ぐらいかかってなんとか解けた。
しかし、残り2問がどうしてもわからん。
・・というかこれ出来るんか?
どう見ても不可能に見えるが・・。
いや、しかし宿題で出るぐらいやから出来るんやろ・・。
それに一番上のも最初は不可能に見えたが出来たのだ。
眠そうな長男に、
「出来るまで寝たらダメだ!」と言い聞かせて
がんばってはみたが、結局12時までかかってもわからなかった。
悔しい・・・。
今日、長男が学校から帰ってきたので早速きいてみた。
「あの残りの2問どうやって解くんだ!?」
「あ~、あれ?あれねぇ・・
 あれ解けないみたいやわ。出来ないらしい。」
「エ・・・ ( ゚д゚) 」
最近の小学校の宿題は答えの無い問題も出るんやね。
まあ、人生は答えの無いことも多いし・・。
(追記)
5,5,3,2,2 ⇒ 66
が解けない。 65の間違いじゃないか?
というお問合せを多数いただきましたので
↓コチラに正解を載せておきます。
http://jjj.cx/jamaica/a.php
注)カウンター付のページなので、脱落者の数が集計されます。(笑)

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする