トヨタの逆襲

—————————–
【ニューヨーク時事】トヨタ自動車は8日、急加速を引き起こす恐れがあると指摘されている問題で、米ロサンゼルスの米国トヨタ自動車販売本社で公開実験を実施した。同社は、電子制御装置の欠陥による急加速を実証したとする南イリノイ大学のギルバート教授に真っ向から反論、「自社の電子制御装置の安全性を確信している」と主張した。
 実験はスタンフォード大学のガーデス教授ら第三者の立ち会いの下、電子回路の特定部位に傷を付けてショートさせるなど、ギルバート教授の実験を再現する形で行われた。
 トヨタはその結果、ギルバート教授による実験は、現実世界では事実上起こり得ない環境の下で行われ、複雑な手法で意図的に操作されたものであることが判明したと強調。その上で、「同様の実験結果は他メーカーの車でも容易に生み出せることも明らかになった」と反論した。 
——————————
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100309-00000045-jij-int
要約すると
——————————
トヨタ自動車は、急にスピードが出て危ないといわれていることについて
みんなの前で実験してみました。
実験の結果、それは部品に無理やりキズをつけないと起こらないことで、
同じようなことをすればGM車やフォード車やクライスラーの車でも
おんなじことが起きますよ♪
と言いました。
——————————
ギルバート教授の捏造じゃん・・・

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする