喜久屋で叔羅川(しくらがわ)を吞んできた

越前市の喜久屋に行ってきた。同席は帰省中のO.Hくんと中学校のときの同級生のI.Mくん。

突き出し。

実は、I.Mくんとは全然接点がなく、中学時代ももしかしたら一度も話したことがないかもしれない。そのI.Mくんがおすすめの酒というのが、叔羅川(しくらがわ)。メニューに載ってる他の酒は全て呑んだことがあったけれど、この酒はしらなかった。とろりとした感じで辛口。色はほのかな黄色。かなり好みの味というか、今まで呑んだ日本酒のベストかも?I.Mくんの話によれば、この酒は山田錦ではなく五百万石という酒米を使用しているとのことだ。

刺身盛り合わせ。

話題は尽きなかったね。同級生の話から始まっていろいろと。。

ハマグリの酒蒸し。

この後、O.Hくんはブリの兜焼きとか頼んでいたが、写真を撮り忘れた。。O.Hくんは福井に帰ってくるとやっぱり魚がうまいと言う。あとカキフライも撮り忘れた。。

下仁田ネギ焼き。

寿司。トロはお店の人からサービスだって。これはうれしい。

梅粥。

料理はどれもうまかったな。個人的にはコースで食べるより、今日みたいに単品で食べたほうがよりうまいような気が。。

ところでI.Mくんとはなぜかフェイスブックで友達だった。いつの間になってたんだろう。記憶にないな。ま、いいけど。

おわり。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. タイガーちゃん より:

    新しい喜久屋はコースでしか食ってないが値段の割にはイマイチだったな
    ジャガーさんの画像を見ると旨そうだけど
    親父さんがやってた頃の安い寿司屋の方が俺は好きかな?!

  2. jaguar より:

    あの頃とは料理も価格も別物だな。