炉とマタギに行ってきた(大阪旅行その6)

結構呑んだ後だったが、Y.Kくんがもう一軒行こうという。ボクはさっきタイ焼きも食べちゃったし、食べ物はもう無理だが、呑む方ならということで付き合うことにした。酔っぱらうと宿泊ホテルにたどり着けない恐れもあるので、なるべくセカンド・イン梅田から近いところと探すと、「炉とマタギ」というところを見つけた。

p1050074

ジビエの店?なんだか変わってる。中に入るとブルースハープが流れていていい感じ。

p1050063

ワインからどぶろくまで置いてあって、酒にもこだわりがありそうだ。

p1050060

ボクは響のロックを頼んだ。たまにはウイスキーもいい。

突き出し。

p1050065

何だったっけ・・魚の卵と温泉卵を混ぜたような感じだったな。

p1050067

鹿の生ハム

p1050068

う~む。このときボクは腹いっぱいだったのでほとんど食べてないんだよね。今思えばもったいない。ちょっと他では見られない料理がいっぱいあった。

p1050061

満腹で食べれないけど、店の雰囲気はいい感じだなとか考えてたら、ちょっと違和感に気が付いた。

BGMで流れてるブルース、曲変わってない・・同じ曲のエンドレスや~。それに気が付くと、曲が切り替わるイントロの瞬間が妙に可笑しくなってくる。お笑い用語でいえば天丼やね。あるいはジビエだけに何かの罠か?

p1050072

つづく・・

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. タイガーちゃん より:

    呑んべえは底無し沼だな、カイジ君❗
    で、この大阪シーズンはいくつまであるんだ(笑)

  2. jaguar より:

    あと、3つぐらいかな?

  3. A man under the silver mountain より:

    俺的には、ジビエの冷凍感料理より、普通の料理の方が好ましいのだ。

  4. jaguar より:

    なんか魚の干してあるのは旨そうだったぞ?