「味処おたん」に行ってきた

くずし割烹ぼんた」を出た後、さらに鯖江駅で呑もうかということになっていたのだが、Y.Kくんがぼんたの横にある「味処おたん」の暖簾を見た途端、吸い寄せられるように入っていった。

P1030882

店名は、なすびの絵が書いてあるので「おたんこ茄子」由来かな。確かに何か引き付けられるものがある。ボクらはカウンター席に座った。

ビール

とりあえず生中・・って今日何杯目やねん

P1030887

メニューは庶民的な感じのものが多い。

とりあえず、何か頼んだけどあんまり覚えてない。これはすき焼きっぽいな?

P1030893

程なくして、ボクの隣の、壁際に座るキャップを斜めに被るおっちゃんが話しかけてきた。歳は70台ぐらい?

P1030896

おっちゃんは、「お前どこから来たんや」と言うので、ボクの住んでる地名を答えたんだけどボクの回答は全く聞いていないのか、「南条か▽★た■か。○▼×■は★■ゃぞぁ・・・・・・」と訳のわからないことを言って、最後にニカっと笑う。これが果てしなくループだ。つまりまた、しばらくすると「お前どこから来たんや」「南条・・」ニカっ。

最初は愛想笑いしてたけど、だんだんめんどくさくなってきて、「ボクの住んでるとこ覚えてくれんおっちゃんとは喋ってられん」と言ってみた。言い過ぎたかなと思ったけど、あんまり変わらんかった。しばらくしたら帰ってったけど、お店の人によれば昔は教師だったらしい。おっちゃん、次会った時はボクの住んでるところ覚えてくれ。

P1030890

しばらくすると、今度はY.Kくんの隣の若い女性二人組が話しかけてきた。この人たちもクラフトビール祭に行ってきた模様。やっぱり普通のビールが一番うまいとか。

しかし何だ。この店は初対面でも普通に話せる雰囲気を持ってるようだ。素晴らしい。さらに、女性2人の向こう側にいた男性2人も巻き込んでいろいろ喋った。具体的な会話の内容はもうかなり酔ってたので覚えてないけど、楽しかったなぁ。

店内の様子

さて、いつ帰ったかわからないけれど、気が付いたら電車に乗っていた。え、ちょっと待て。降りたい駅通り過ぎてるぞ。引き返すために急いでY.K君を起こして、次の駅で降りた。

P1030907

ここって・・

P1030903

あー

P1030904

「南条」駅じゃん・・。おっちゃんが言ってたのはこのことだったのか。

おわり。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. A man under the silver mountain より:

    あのおっちゃんの風貌、何と例えるべきか。ラグビー全日本代表の田中史朗さんに、裸の大将山下清とタコ八郎を足して3で割り、やさぐれさせたような雰囲気?。とにかく、貴重な体験でした。無限ループの様に繰り返される二人の会話を楽しませてもらいました(笑い)。
    女性二人連れは、感じの良い方たちでしたね。また飲みたいなー。あと、向こうで飲んでた男性二人組の片方を「(春風亭)昇太」っていじってたけど、今思い返せばダブル昇太じゃなかった?
    そして、今回の南条オチ。鋭い、そういうことだったのか。あのおっちゃん、預言者か?

  2. タイガー より:

    YK 君と南条駅から歩いて帰ったか(笑)
    女子の連絡先おせえてw

  3. jaguar より:

    >under the mountainさん
    何か思い返しても、夢だったような空想だったようなそんな気がするのです・・酒呑みすぎて頭ぼーっとしてたし。

  4. jaguar より:

    >タイガーさん
    流石に歩いて帰らんわ。まだ電車あったし。