海への汚染水放出はゼロ

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011121690070643.html

福島第一原発事故で、何度も放射性物質を含む汚染水が海に漏出したが、経済産業省原子力安全・保安院は「緊急事態」を理由に、法的には流出量は「ゼロ」と扱ってきたことが本紙の取材で分かった。
今後、仮に放射性物質を含んだ処理水を放出したとしても、ゼロ扱いを続けるという。

もう何が何だかわかりませんな。冷温停止やら、汚染水放出ゼロやら。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする