プルト君

う縲怩B確かに突っ込みどころが多いけど、プルトニウムの毒性に関しては実はあまりよくわかってないような気がする。プルトニウムは史上最強の猛毒との意見が多いけど、次のような解説もある。

武田邦彦さんのプルトニウムの毒性
3号炉(プルトニウム)の問題(その2)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(要約)
プルトニウムだからといって人体に特別な毒性はない。
人間にとってウランもプルトニウムも必要のない元素なので口から入ったら比較的短時間で排泄され、ウランを間違って飲んだ例では、障害がでていない。
ただし、肺に入った場合、出てこなくなり細胞を痛めることが心配されるが、今までの10ぐらいの事故例ではいずれも軽度の被曝。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

武田邦彦さんは、今回の事故については最初から悲観的な意見を述べているから、このプルトニウムの毒性についての解説は説得力がある。
http://takedanet.com/cat5621932/

※プルトニウムの毒性については意見がわかれるようなので、一つの意見として考えてみてください。もちろんアルファ線の害については当然ありますので量が多ければ危ないのは当たり前です。上記は極々微量の話。
なお、ボクはわかってない以上、極々微量でも要らないですけど・・。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする