日経平均 -952!

いやーすごいわ。今回の下落のスピード。
まさかこれほどとはボクも思ってなかった。
まあCDS金融爆弾も控えてるし、今後ますます大変なことになるんだろう。
さて、ボクのところに経済についての相談のお便りが多数くるので、
なぜ日本がアメリカのとばっちりを受けるかについてやさしく書いてみよう。
まず、株価。
株価については、日本株の売り買いをしているのは70%程度は外国人投資家なのだ。
株価が影響を受けるのは当たり前だ。事実、NYダウと日経平均はコピーのような
動きをしている。
次に実体経済。
これは輸出企業がアメリカの影響を受ける。アメリカは巨大な消費国なので、
(あいつらは借金してでも買う。貯金はしない。)
ここの経済が冷え込めば当然輸出量もものすごく減るのだ。
輸出企業が景気が悪くなればそれが波及して内需も悪くなり、国内全体の実体経済が落ち込む。
株価が悪くなり実体経済も悪くなれば、さらにそれらが相互作用してどんどん
経済は悪化していくのだ。
そしてさらに、日本はアメリカに600兆円貸している。
でもアメリカはその金を返す気はさらさらない。
踏み倒そうと考えている。ドルはいずれ二束三文になっちゃうのだ。
あいつらはそういう作戦をすでに立てている。ドル崩壊を見越して
アメロ」という新通貨単位を準備しているのだ。この借金踏み倒しがあったら日本はつらいですよ。100分の1でさえ6兆円という巨額なお金ですよ。全部返してもらったら、日本経済はすごい好景気になるんだけどねw
結論として、今後、個人が自衛のためにとる手段は
・空売り(あんまり薦めない人も多いけど今のところすごい有効だけどなー)
・ドル建ての投資信託は売れ!(当然外貨でドル持ってたら今すぐ売れ)
・株を保有している人は・・ご愁傷様です・・
 ボクなら投げ売りますが、
 今後、世界の経済が日本株に目を向ける可能性も少しあります。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする